ウイルセラムの遠赤外線効果

今回は土瓶の感想をいただきました。
------------------------------
2リットルのウイルセラム土瓶を買いました。
手にしてまず軽さに驚きました。

ルイボスティーを、健康のために毎日飲んでいますが、
煮出すのに使うヤカンをステンレスからウイルセラム土瓶に変えました。

癌やアトピー治療で有名な土佐清水病院の丹羽医師によると、
セラミックか陶製の土瓶を使って、最低10分間以上煮出すとより効果が高いそうです。

遠赤外線によってフラボノイドなどの抗酸化有効物質が
腸から吸収され易く変化するからだそうです。 

昔から漢方薬は土瓶で煎じ、病人のおかゆは陶器のゆきひら鍋で煮込む習慣がありましたが、
それは理にかなった先人の知恵だった訳です。
http://www.sod-jpn.org

ウイルセラム土瓶は遠赤外線効果が高い点そうで、まさにうってつけと思います。
ありがとうございました。
(兵庫県・Z様)
--------------------------------

良い情報をありがとうございます!

遠赤外線で加熱することにより、活性酸素をやっつける物質が
体内に吸収されやすくなるということなんですね。

健康のために、さらにもっとウイルセラムを活用したい!
そんな気持ちになりました。

ありがとうございます☆
posted by mari at 20:18 | Comment(2) | お客様からの感想
この記事へのコメント
購入する時に、私は土瓶かポットか悩みましたが、土瓶で正解でした。薬缶の代わりになります。前の晩に水を土瓶に汲み置きして、翌朝沸かしています。お湯がまろやかになります。インタスタント珈琲でさえも美味しいです。お湯を沸かせ差無い時も土瓶には常に水を張っていて、その水を使って、調理にも使っています。2リットルサイズは便利ですね。
Posted by Ako at 2010年12月15日 23:28
>Ako様

土瓶をしっかり活用されていらっしゃるようで
とてもうれしいです(*^_^*)

ポットは普段使いには小さいですが
お友達とお茶を楽しむ時には良いサイズです☆
Posted by 成澤です at 2010年12月16日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。