ウイルセラムのフライパンで玉子焼きを焼いてみた。

先日「ウイルセラムのフライパンで玉子焼き焼けますか?」との問い合わせがありました。

もちろんフライパンですから玉子焼きくらい焼けるはず・・・と思ったんですが、そういえば今まで一度も焼いたことがないのに気づき、試しに焼いてみることにしました。

1回目は「普通のフライパン感覚」で作り始めたら失敗。
鍋肌に卵がくっついてしまいました。

ウイルセラムの持ち味は「じっくり中まで火を通すこと」

ですのでフライパンも中火から弱火でじっくり温めてからチャレンジです。

卵液を入れてからもかき混ぜたりしないで、じっと待ちます。
表面が固まりかけてきて、鍋肌に当たる卵も焼き色がついてきたら巻いていきます。

2回目の卵液を入れたら、また同じようにして巻きます。

できあがり!


できあがった感じは「いつもよりも黄色くて、歯ごたえがしっかりした玉子焼き」です。

長男は「いつもの玉子焼きは場所によって味が違ってたりしたけど、これはどこを食べても同じ味がする」
と、不思議な感想を言ってました。

私がいつも卵液をしっかり混ぜていないだけかもしれませんが・・・

同じ玉子焼きでもこんなに感じが変わるものなんですね。
どっちが好きかはお好みですから、
「ウイルセラムの方がおいしい!」とは言いません。

でももしよかったら、一度作って食べ比べてみてください☆

posted by mari at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土鍋料理レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29384715

この記事へのトラックバック