荷造りのこと

ウイルセラムの注文をいただいたら、発送できるようにダンボールに入れて荷造りをするんですが、けっこう時間がかかるんです。

まず商品の検品。
大きなキズなどがないかをチェックします。

鍋の底の白い部分に水硝子(ミズガラス)というものを塗ります。
水分がしみこみにくくするためです。

商品の大きさに合わせて、プチプチをカットして包みます。

あとは数種類あるダンボールの中から、サイズにあったものを選んで商品を入れ、新聞紙などを詰めてしっかりと梱包します。

実は私がいちばん悩んでいるのは、この梱包。

以前2回ほど配送中に商品が割れてしまったことがありまして、宅配業者さんによくよく聞くと、段差のあるところを走る際、荷物が大きくジャンプすることがあるそうなんです。

なので、プチプチに包んでスキマを新聞紙で埋めるだけでは危ないのです。

1つの商品につき箱1つにすれば大丈夫なのですが、送料のことを考えるとそうもいきません。

・・・ということで、荷造りの際に「新聞紙をギッチリ詰め込む」ことにしました。
こうすれば、仮に落としても投げても、ほとんど大丈夫なはずです。

開けた時にあまりオシャレではありませんし、場合によっては、商品より新聞紙の量の方が多いかもしれませんが、そういう事情ですのでごかんべんくださいね。


商品と商品の間にダンボールの切れ端で区切りを作ったりなど、工夫はしているつもりですが、どなたかいい考えがあったらぜひ教えてください!

posted by mari at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28476537

この記事へのトラックバック