土鍋のお手入れ方法とウイルセラム

土鍋の手入れはけっこうめんどう。
慣れたらなんともないのかも知れませんが、知らないで使うと大変なことになります。

まず、買ってすぐ水洗いして汚れを軽く落としますよね。
そして、その後すぐに火にかけてはいけません。

底に水分が残った状態で火にかけると、割れたりひびが入ったりします。
だから、洗ったらよく乾かします。

それからすぐにお料理をしたいところですが・・・ちょっとその前に残りご飯でもいいので「おかゆ」を炊きます。

こうすることで土鍋が長持ちするそうです。


この手順が終わってから、やっと土鍋でお料理ができます。


おいしく土鍋料理を食べた後で、洗う時に注意です!

土鍋の底をぬらしてはいけません。
特に熱いうちに水につけたらアウトです。
割れてしまうことがあります。

底を濡らさないように洗ったら、よく乾かしましょう。
カビが生えることがありますから・・・

以上が「土鍋のお手入れ方法」
はっきり言って、めんどうです。
おまけに土鍋は重いので、出したりしまったりがおっくうで
ないしょですが、結婚当時に母が買ってくれた土鍋は
1度も出されることなく、キッチンの棚の奥深くに眠っています。


ゆ〜みんで扱ってるセラミックの土鍋「ウイルセラム」は
その点、お手入れがほとんど必要ありません。

底の白い部分にサラダ油を塗るだけで、軽く洗剤で洗ったら、
そのまますぐに料理OK!

濡れたまま火にかけても、熱いうちに水をかけても全然平気です。

金属鍋と同じくらいの扱いやすさなので、我が家のキッチンでは
しまいこまれることなく、いつもコンロの上に乗っています。


万が一焦げ付いても、金属たわしやクレンザーでゴシゴシこすってください。
傷ひとつつかない丈夫さです。

いつでも気軽に土鍋料理のできる鍋
ウイルセラムはあなたのキッチンの必需品になるかも!?

posted by mari at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルセラムの特徴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20486699

この記事へのトラックバック