ウイルセラムとは?

ウイルセラムって名前、まだご存知じゃない方も多いと思います。

ウイルセラムは「土鍋」です。
ただ普通の土鍋ではなく、硬質セラミックの土鍋なんです。

セラミックっていうと、工業用の部品のような、なんか無機質な印象があるかもしれませんね。
実は私もそうでした。

でもウイルセラムを見ていただくと、そのイメージが吹き飛びます。
柔らかい曲線の温かみのある陶器の姿をしています。


このウイルセラムという調理器具は、恵那セラミクスの鈴木社長が卓越した技術で開発したもの。

あまり知られてはいませんが、外国からの委託を受けて初めて日本においてセラミックを作ったのもこの鈴木社長です。

「いかに最高品質のものを作るか」という鈴木社長のこだわりは、まるでガンコな職人さん。

このウイルセラム鍋をまねて、いろんなセラミクス鍋が作られていますが、とても社長の職人技には及びません。

鍋の表面にかける釉薬といううわぐすりひとつとっても真剣です。
最高の遠赤外線放射率と傷ひとつ付かないようにとの配慮がなされて、色が決められています。

ウイルセラムのこの温かな茶色じゃないと、最高のセラミックの土鍋にならないんだそうです。

鈴木社長の製造理念はこちらから見ることができます。
ウイルセラム製造の理念


ウイルセラム専門店ゆ〜みん


posted by mari at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルセラムの特徴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20298698

この記事へのトラックバック