男の料理(野菜の蒸し煮)

毎日ウイルセラムの大鍋を使っている我が家。

食事当番制なので、主人にも順番が回ってきます。

主人の得意料理は、とにかく何でも放り込んで蒸し煮にすること。
味つけは塩だけとか、めんつゆとか適当です。
ええ、もう私には理解できないようなものが入っています。

ある日は「もやし、ニラ、ギョーザ」
えっ!ギョーザ!?

ある日は「白菜、たまねぎ、チンゲンサイ、サバの缶詰」
サバの缶詰かぁ・・・ま、いっか。

とまぁ、こんな感じであまり組み合わせとか味付けとか考えなくても
なんとなーく料理が出来てしまっています。


私が好きなのはシンプルな野菜の蒸し煮

キャベツは半分くらいの量を4等分
人参、かぼちゃ、ブロッコリーなどは好みの量を薄めに切ります。
まず鍋の底の方にキャベツの大き目の葉を敷きます。
キャベツは全部ほぐさなくてもOK
そのまま置きます。
キャベツの上に、残りの野菜を置いて
コップ半分くらいの水を入れ、中火で蒸します。

そのままにするとキャベツが焦げやすいので
鍋の底の水分が少なくなってきたら
底に敷いたキャベツを少し動かします。

野菜全体が柔らかくなってきたら出来上がり。

お好みのドレッシングをかけてお召し上がりください♪


蒸し皿がないとどうしても少し焦げますが
たまにずらせばちょっと茶色くなる程度。
我が家ではまったく問題ありません。

後片付けはステンレスたわしでゴシゴシすればOK。
ウイルセラムは硬質の釉薬がかかっているので、キズはつきませんよ。

posted by mari at 11:21 | Comment(2) | 土鍋料理レシピ